ライター・ヤマダユウイチロウが勝手気ままに綴る極私的な食ブログ。
主に九州にて、贔屓にしている一品、お店などを紹介していきます。
お仕事紹介もついでにドウゾご覧ください。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

和の匠が手掛けた塩ラーメン
じゃらんさんで請け負った熊本ラーメン特集で出会った一杯をご紹介。

此度の主役は、南阿蘇の雄大な台地に佇む「マグマ食堂」さん。
主人は和食30年のキャリアを持っています。
かねてから生まれ育った熊本に店を持ちたいという思いがあり、
この地でラーメン店を開業しました。

和の道で磨き抜かれた感性と技術は、
ラーメンでもいかんなく発揮されております。



主人曰く「一度食べると虜になる味」です。
透き通るような透明スープには、
鶏ガラと野菜からでたうま味がしっかり詰まってます。
このスープ(ダシ)とりこそ、「和の匠」の真骨頂です。
塩加減はいうことなし。
水に南阿蘇の伏流水を使っているので、
口当たりがとってもまろやかです。

四季の野菜を盛りつけるトッピングにも、
主人の感性がキラリと光ってます。
丼の中に表現された春夏秋冬を、
舌で思う存分楽しみましょう。

具の中でとくに印象に残ったのが、
皮付きのチャーシューです。
こりこりの食感をもたらす皮のすぐ裏には、
うま味が凝縮したコラーゲンが。
これがスープに溶け出して、
豊かなジューシー感をもたらします。

中盤にさしかかったら、
レモンをしぼって酸味を加えましょう。
この酸っぱさが実に塩と合う!

各テーブルに自家製の辛味噌が置かれております。
これを入れると、逞しい味わいに激変。
ぜひとも後半、お試しいただきたい。

とにかく絶妙のバランスを誇る一杯。
豚骨がメインの熊本ではありますが、
一食の価値あり、です。


『マグマ食堂』の塩ラーメン 810円


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『マグマ食堂』
熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陰 4607-1
0967-67-4147